もりもり君

もりもり君018【パワハラ】

上司の執拗な叱責

もりもり君第18話
中川 こんにちは。

社長 こんにちは。何か話題はありませんか?

中川 そうですね。パワハラの判例を紹介しましょう。

社長 パワハラとは何ですか?

中川 パワハラとは
パワーハラスメントの略称です。パワーは力のことです。
ハラスメントは優位な立場を悪用し相手に不愉快を与えることです。
力でもって悪用して相手に不愉快なことをさせること、これがパワハラです。

社長 セクハラとは違うのですね。

中川 そうですね。
セクハラは性が伴います。パワハラは上司が部下へとなります。

社長 で、どんな事件だったのですか?

中川 Aさんは営業所長として就任後、自らの営業成績を仮装するため不正経理をしました。

社長 Aさんはけしからん人ですね。

中川 そうですね。
それで上司は解決処理をするように指示を出しました。

社長 上司として当然のことですね。それがパワハラになるのですか?

中川 それは当然のことです。それだけではパワハラになりません。
しかし、それ以降も工事日報を毎日提出することを義務づけました。

社長 それは信用されていないのだから当然のことですね。

中川 そうですね。
しかし、工事日報で叱責されることもあったようです。

社長 うーん。それくらいはするでしょう。

中川 架空出来高は約1800万円ですが会計年度が終わるまでに 解消できる営業環境ではなかったのです。それでAさんはうつ病になりました。

社長 そうとうプレッシャーがあったのですね。

中川 そうです。
そしてAさんは「怒られるのも言い訳をするのもつかれました」との遺書を残して自殺をしたのです。これが裁判で争われました。

社長 ムリな目標を強要したと言うことですか。
でも、不正経理をしたのはどうかと思いますが。

中川 会社が敗訴しました。
その理由の一つに上司が業績検討会の際に「会社を辞めればすむと思っているかもしれないが辞めても楽にならない」と発言しました。
上司はAさんが会社を辞めなければならないほど苦しい立場にあることを認識していたことの証拠になりました。

社長 うーん。
不正経理をしたことは悪いが、執拗な叱責でAさんを自殺に追い込んだのは会社の落ち度だというのですね。

中川 そうです。労働安全衛生法にある安全配慮義務違反となりました。

社長 でも、ことの発端はAさんの不正経理でしょう?

中川 そうですね。
したがって、100%会社が悪い訳ではないので過失相殺6割となりました。

社長 うーん。
私も時々怒鳴り散らしますがパワハラにならないようにしなければ。

中川 社長が怒鳴り出すと怖いですが、カラッとしていて後がないから自殺する人はいないのでは?

社長 そうですね。相手を見て怒鳴っています。

中川 中川は繊細ですから怒鳴らないでくださいね。

社長 …。

中川コメント

本日は前田道路事件(平成20年7月1日 松山地判)を参考にしました。

叱責とパワハラは紙一重です。
判断が難しいので明確な定義がありません。

c中川式賃金研究所 画屋(かくや)

もりもり君レンタル!

内容

人事労務系4コマ漫画「もりもり君」はレンタルで、社労士さんが発行されるニュースレターやWEBサイトの記事にご利用いただけます。
詳細はお問い合わせフォームからご連絡願います。

費用

4コマ漫画+テキスト
1話 4,000円(税別)

12話以上まとめてレンタル
1話 3,000円(税別)

ABOUT ME
ヤタロウ
ヤタロウ
通りすがりの漫画描きのヤタロウです。漫画制作のことならなんでもご相談承ります!どうぞ、よろしくお願いします!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です