制作工程

1.お問い合わせからお見積もりご契約まで

制作のご依頼をいただく際にお客様からヒアリングさせていただきます。スケジュール、ターゲットの確認、ストーリー、ページ数、絵柄、掲載媒体などをお聴きして仕様を決定いたします。仕様を決定後、お見積もりいたします。お客様の計画とご予算に合わせてご提案いたします。
漫画制作のお問い合わせからお見積もりまでは無料です。お気軽に電話、メールフォームからお問い合わせください。

2.企画・シナリオ、キャラクターデザイン

販売促進の企画などに合わせて漫画の世界観、ストーリー、セリフ、ビジュアル、それぞれのアイデアを詰め込んでいきます。
商業誌の漫画ではありませんが、企画は大切な工程だと思います。広告でもおもしろくなければ興味を持ってもらうのは難しいからです。
何がおもしろいと感じてもらえるのか分からない場合は、いろいろ試してみるのも良いかもしれません。

3.ネーム(ラフ)

シナリオを元にページ割、コマ割をしていきます。視線誘導やメクリといった漫画ならではの技法を駆使し読み安く飽きられないページレイアウトを構成していきます。
デザインで言うとラフやフレームに相当すると思います。この段階は、構成の確認だけします。
吹き出しに対してセリフが多すぎる場合はこの段階で削ることもあります。

4.下書き(作画)

ネームを元に仕上がりに近いイメージを書き込んでいきます。構成が良く出来ていてもそこに何が描かれているか分からなければ読者に意図が十分伝わらないでしょう。
確かな画力は一朝一夕で身に付くものではありません。弊社が心がけているのは一見シンプルに見えても読者に十分意図が伝わる作画を日々の修練と共に心がけています。

5.仕上げ(清書)

ペン入れと呼ばれる工程です。下描きの絵をより魅力的に仕上げます。場所を表す背景とベタ、トーンでメリハリを付けると読みやすく理解しやすい絵に仕上がります。

漫画は本来モノクロの方が読みやすいので、しっかりと描けていればカラー原稿でなくとも効果はほぼ同じだと思います。
ですが、最近ではWEB漫画などでカラー原稿需要が高くなっています。その場合はペン入れ後、着彩します。

6.データ作成、編集(DTP)

原稿は主にjpg、psdなどの画像データで納品いたします。この画像データにはセリフが入っておりません。セリフを入れたデータが必要な場合はセリフの入ったaiデータと画像データを作成いたします。ただし、フォントの指定など対応できない場合はDTP作業をお客様にお願いすることになります。

7.納 品

原稿の納品は基本的にデータ納品になります。弊社サーバにデータをアップロードしてメールでお届けするか、お客様ご指定のサーバ等にアップロードする形で納品いたします。CDなどの記録媒体にデータを保存して納品する場合は別途作成費と実費送料が必要になります。
その他、印刷物やWEBサイトなど形での納品になる場合はお客様とのお打ち合わせが必要になります。念のため、プロモーション企画、デザイン、印刷、WEB、その他媒体費用など、漫画制作以外の費用は別途必要になります。

お問い合わせ

ざっと、漫画制作の流れをご説明いたしました。
どうぞ、皆様の事業に漫画の力をお役立てください。その他、制作に関してご不明な点がございましたら、お手数をお掛けし恐縮ですがお問い合わせください。

 

お問い合わせページ