自ら好きでもないキャラクターを他人が好きになる、
そんな虫のいい話あるか?

まず社内で好かれるキャラクターから始めよう

送り出す側としてはどうか人気者になって欲しいという想いで制作しますが、結果は正直なところわかりません。

人気者になるキャラクターが登場するまで、数を出すという考え方もありますが、同時に愛情の薄さや節操のない企業イメージを届けてしまうかも知れません。

キャラクターによって売り上げが左右されるという話は結果論であって、過程として、まず社内で愛されるキャラクターを目指すことが大切なことだと思います。会社、商品を伝えるキャラクターのイメージはそういったものだと思います。

さらに、子供が大人になるのと同様にキャラクターが人気者になるまでには期間が必要です。となりますと、社内で好かれていないキャラクターは誰からも相手にされない可能性が高まり、なぜ生まれて来たのかという悲劇に繋がる可能性も否定できません。

そんなキャラクターがたまたま誰かの目にとまり人気者になるサクセスストーリーに発展する可能性もゼロではないかも知れませんが、よし!それでやってみようというケースが稀であることは確かです。というわけで、弊社のキャラクター開発の方針は、まずクライアント様の社内で好かれることから始めようということなのでございます。

冒頭でキャラクターが人気者になるかどうかは分からないとお伝えしましたが、社内での人気が外部に波及することは実証済みであることも併せてお伝えいたします。ご参考まで。

ざっくり取引実績紹介

(敬称略、順不同)

クライアント
工具メーカー
機械メーカー
食品加工メーカー
士業サービス
システム会社
その他
広告代理店
交通広告
医薬品
ファッション
家電メーカー
学校記念誌
テーマパーク
フリーペーパー
制作会社
TV番組制作会社
デザイン会社
WEB制作会社
編集プロダクション
出版社・新聞社
専門誌
専門誌付録
フリーペーパー
官公庁
各種パンフレット
地域キャラクター企画

キャラクターができるまで

ヒアリング

ラフデザイン(3案)

社内調整

ブラッシュアップ

社内調整

決定稿

社内調整

納品

運用

費用

お問い合わせ

思い立ったが吉日!お問い合わせお待ちしております!!

広告代理店の皆様へ